インビザライン かきうち歯科

インビザライン

透明で目立たない、取り外しのできるマウスピースを用いて歯並びを矯正する、まったく新しい歯科矯正システム。 「見えない」「痛くない」装置をオーダメイドする歯科矯正法。

インビザラインとは

インビザラインとは全世界で400万人以上の患者さんの治療に使用されている、透明な“マウスピース”の矯正装置です。
審美大国アメリカで開発され、現在ではスタンダードな治療となっています。
日本でも最近、急速に拡がりを見せてきており、審美的な意識の高い方に非常に好評をいただいている治療法です。

インビザラインは完全オーダーメイドで作成されるため、個々の症状・状態に合わせて、多様な症例にも対応可能です。

インビザラインのマウスピース

当院のインビザラインの3つの特徴

  1. 日本矯正歯科学会認定医と2人のインビザライン認定ドクターによる多角的な診断

    当院の理事長 垣内康弘は、日本矯正歯科学会認定医であり、約3000症例という国内でも有数の矯正医です! また当院ではインビザライン認定ドクターの2名が常勤しており、全ての患者様の症例において必ず理事長を含む3名で診療方針を検討していきます。
    そのため、1人のドクターだけでは微妙な判断を迫られるような場合でも、ミスやトラブルを犯すことなく、より優れたゴール設定が可能となります。

    日本矯正歯科学会認定医と2名のインビザライン認定ドクター
  2. できるかぎり安価でわかりやすい料金体系

    インビザラインは様々なメリットがある反面、大阪市内の平均がおよそ80万円。コストが通常の矯正治療より高くなる傾向にあります。かきうち歯科医院では、できるだけ多くの患者様に金額面でも安心して治療を受けていただけるよう、インビザラインそのものの費用を60万円とし、調整料などをいれた総額がおよそ70万円となるようにしています。
    これは、かきうち歯科医院でインビザラインを希望される方が多数いらっしゃることから、実現し得る体制・設定です。

    安心できる料金体系
  3. 最新の設備とリカバリーの技術

    インビザラインは他のマウスピース矯正と比べても優れた矯正治療であり、ワイヤー矯正と比べてもそん色のない仕上がりを期待することができます。しかし、歯の移動の様式が異なるため、どうしても上手く歯が移動してくれないケースも少数ですが存在します。かきうち歯科医院ではそういった場合にもCTにより精密分析を行い、一時的に部分的なワイヤーを使うことでリカバーする方法が可能です。これはワイヤー矯正のみを行っているドクターでも、インビザライン矯正のみを行っているドクターでも、得られない安心と言えます。

    最新の設備とリカバリー技術がインビザラインを支える

インビザラインの特徴とメリット

  1. 目立たない

    インビザラインのマウスピースは、透明なポリウレタン(プラスチックの一種)製で、目立ちません。インビザライン矯正の最大のメリットといえます。
    透明なマウスピースは非常に薄く仕上げられているため、周囲の方から気づかれることはほとんどありません。
    そのため、営業職や接客業など、人前に出る仕事の方でも、気軽に矯正治療が行えます。

    インビザラインは目立たない
  2. 衛生的

    マウスピースは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段通り行えます。
    従来型の矯正装置のように、装置に汚れが付着・沈着することがないので、歯や歯肉組織を健康的に保てます。また、マウスピースは歯ブラシで簡単に洗浄できるので、とても衛生的です。

    インビザラインは衛生面でも優れている
  3. 食事が快適

    食事の時は、装置を取り外すことが可能なので、従来の矯正装置のような、食事の度に食べ物が装置に絡みつく煩わしさがありません。食事制限もなく、通常の食生活を楽しんでいただけます。

    インビザラインを外して快適に食事できる
  4. 痛みが少なく安全性が高い

    従来の矯正法に比べて、過度な力がかかりにくく、比較的痛みが少ないと言われています。また、ワイヤーやブラケットを使用しないため、粘膜に当たる痛みやワイヤーが刺さるようなこともなく、口内炎ができることがほとんどありません。

    インビザラインは痛みが少なく安全性が高い
  5. 薄さ0.5mm、喋るときにも違和感なし

    インビザラインのマウスピースは、ホワイトニングなどで使用されるマウスピースの半分以下の薄さ。そのため、違和感も少なく、話しづらさもほとんどありません。

    インビザラインは薄さ0.5mm、喋るときにも違和感なし
  6. 金属アレルギーでも問題なし

    ポリウレタン(プラスチックの一種)でできてるため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーで歯科矯正治療を諦めていた方も、安心して治療を受けていただくことができます。

    インビザラインだと金属アレルギーでも問題なし
  7. 治療後がイメージできる3Dシミュレーション

    インビザライン矯正では、コンピュータで“クリンチェック”という3Dシミュレーションを行います。
    これにより、治療開始から完了までの歯の動きを確認できるため、ゴールを明確にして治療を受けていただけます。

    治療後がイメージできる3Dシミュレーション
  8. 通院回数の減少

    インビザライン矯正では、最初の型採り後、治療スタートからゴールまで、全てのマウスピースが一括で出来上がってきます。そのマウスピースは、10日~2週間に一度、ご自宅で新しいものに交換していただきます。定期的なチェックに必要な通院は、1ヶ月半~3ヵ月毎になります。忙しい方や遠方からご来院の方の負担が少なくすみます。

    ご自宅でインビザラインを新しいものに交換

インビザラインのデメリット

  1. 対応できない症例がある

    一般的な難症例(抜歯を伴い歯の移動量が多いものや開咬)などは適応できない場合があります。
    その場合でも当院では、ワイヤー矯正を併用したり、完全にワイヤー矯正にするなど、患者さまのニーズを満たす治療法を提示させていただきます。

  2. 決められた装着時間(20時間)が必要

    決められた装着時間を守っていただかないと、矯正期間が延長されます。また治療結果に影響が出ますのでご注意ください。患者様の協力が重要なポイントとなります。

    インビザライン矯正には、決められた装着時間(20時間)が必要

インビザライン治療の流れ

  1. 初診相談・カウンセリング

    矯正認定医がお口の悩みをお聞きし、お口の状態、歯並びを拝見させていただきます。
    確認後、必要な処置、治療期間、費用などをご説明します。矯正を希望される場合は、精密検査の予約を致します。

    • 初診相談にかかる時間は、およそ30分です。
    • 未成年の方は、保護者の方と一緒にご来院ください。
    • 治療をお急ぎの方、遠方からいらっしゃる方へ
      通常は初診相談後、別の日に精密検査のご予約をお取りさせていただきますが、お急ぎの方は、初診相談・精密検査を同日に行うことが可能です。
      初診のご予約の際、同日での検査希望とお伝えください。
      なお、その場合、およそ1時間強程度の時間がかかるとお考えください。
    初診相談・カウンセリング
  2. 精密検査

    口腔内写真撮影、正面・横顔のレントゲン写真、歯の印象を採得するなどの、資料採りを行います。
    精密検査にかかる時間は、およそ1時間です。
    資料採得後、米国のアライン社に歯型と写真を送付し、クリンチェック(3Dシミュレーション)が出来上がります。そこから理想的な歯並びにするための細かい修正をインビザライン認定ドクター2名により繰り返し行い、ゴールまでのシミュレーションを仕上げます。
    作成にかかる時間は、約3週間です。

    インビザライン治療は、シミュレーションを細かく修正・決定していく技量が非常に重要です。ですから、どこの医院でインビザライン矯正を受けても同じ仕上がりになるのでは、ありません。
    かきうち歯科医院では、シミュレーションには必ず3人のドクターの知識を合わせることで、より綿密な計画、治療設定を実現しています。

    精密検査
  3. 診断説明

    シミュレーション完了後、診断結果をご説明します。
    クリンチェック(3Dシミュレーション)をご覧いただきながら、診療計画、期間を確認していただきます。
    (計画にご納得いただけたら、次からインビザライン治療をスタートします)

    診断説明
  4. インビザライン治療開始

    インビザラインの使用に関する説明と注意事項をご説明します。
    マウスピースを当日から次回来院分までお渡しし、取り外しの練習をします。

    インビザライン治療開始

    ご自宅で

    1日20時間以上、装着していただきます。2週間毎に患者さまご自身で次のステップのインビザラインと交換してもらいます。

    ご自宅で行うこと

    医院で

    最初は月1回、その後は1ヵ月半~3ヵ月にご来院いただき、インビザラインの使用状況、歯の動きを確認します。

    医院で行うこと
  5. インビザライン終了

    全てのインビザラインのステップが終わったら、医院にて最終的な歯並び・咬み合わせの確認を行います。問題なく治療が終了していれば、歯並びを保持するためのリテーナーの装着、口腔内写真の撮影を行います。

    インビザライン治療完了後のチェック
  6. メインテナンス

    舌などの癖によって、歯並びが元に戻らないよう、リテーナーを装着していただき、経過を観察していきます。この歯並びを安定させる期間、およそ6ヵ月に1度のペースでご来院いただき、2年程度チェック・メインテナンスを行います。

    メインテナンス・リテーナー

症例

  • 職業

    営業職
  • 年齢

    20代
  • 性別

    女性
  • 患者様のご希望等

    右側の開咬、接客業のため目立たない装置を希望
  • 症例名

    開咬
  • 期間

    約1年10ヶ月
  • 料金

    715,000円
  • 主な治療内容

    インビザライン
  • 副作用・デメリット

    ワイヤーに比べ治療の進行が遅いケースがある
開咬治療前開咬治療後
開咬治療後

開咬治療後
  • ドクター感想

    営業のお仕事で人に接する際、なるべく矯正しているのが分からないように、インビザラインを採択。
    開咬の歯も効率よく動き、想定より短期間で終了できました。
     

ネットからも簡単にご予約・お問合せをいただけます。(ご新規の場合にご利用ください)

ネット予約・お問合せ

日本矯正歯科医学会認定医×インビザライン認定ドクター 2名

「最新の歯科矯正治療」対談

ネットからも簡単にご予約・お問合せをいただけます。(ご新規の場合にご利用ください)

ネット予約・お問合せ
ネット予約