24時間受付OK初診専用ネット予約

かきうち歯科矯正歯科公式サイト

来院のご案内

小児矯正pediatrics

小児矯正
  1. TOP
  2. 小児矯正

幼少期の矯正が重要な理由reason

キレイな歯並びはお子さまの人生の財産になります

子どもの悪い歯並びをそのままにしておくと、上下の顎の骨の成長が揃わず、成長後に歯が生えそろうスペースがなかったり、上下の顎の位置がズレている状態になってしまいます。この状態を大人にってから矯正するという場合、骨格(骨の大きさ)自体を変えるのは不可能なため、限られた顎のスペースやズレてしまった顎の位置の中で調整する必要があり、治療に制限が出てしまうことや費用が高額になってしまうこともあります。幼少期の矯正治療は、矯正と成長を上手く組み合わせることで、大人になる前に上下の顎の関係を整えてあげることで効果的な治療が可能です。

矯正に適した時期

一般的には、7~8歳頃、上下の前歯が4本ずつ生え変わった頃が、矯正治療の開始時期として適していると言われています。但し、歯や顎の成長は、お子さんによって千差万別で、6歳頃にすでに生え変わりの進んでいるお子さんもいれば、まだまだ揺れている歯もないというお子さんもいます。矯正治療をお考えのお子様にとって適した治療開始時期を逃さないように、お気軽に診察にいらしてください。

小児矯正の特徴feature

  1. 成長を利用することが出来ます

    成長を利用することが出来ます

    小児矯正の大きなメリットであり目的といえるポイントです。成長を利用して上下の骨格的なバランスを整えることができます。顎の幅や前後のバランスをとることは、小児期の成長を利用できるこの時期が適しています。

  2. 抜歯の可能性を減らすことが出来ます

    抜歯の可能性を減らすことが出来ます

    狭い顎を広げたり、顎の大きさを整えることで、成人期に於ける不必要な抜歯の可能性を減らすことができます。またあらかじめ、乳歯のスペースをうまく残したり、移動させておくことで、永久歯を理想的な位置に萌出させ、非抜歯治療の可能性を高められます。

  3. 手術の可能性が減らすことが出来ます

    手術の可能性が減らすことが出来ます

    小児期に噛み合わせによって顎の左右がズレてしまっている場合や、受け口になっている場合は、そのまま放置すると、悪い方向への顎の誘導が止まらないまま成長していくことがあります。そして成人時にその改善をしようとすると、顎の外科手術が必要になってしまう場合があります。しかし、小児期にあらかじめ噛み合わせを治し骨格的な調和をとることで、手術の可能性を減少させることができます。

  4. 永久歯列の治療が簡単になり治療期間が短くなります

    永久歯列の治療が簡単になり治療期間が短くなります

    あらかじめ歯の生える位置や顎のスペースをコントロールすることで、ワイヤーでの治療の難度を下げることができます。また結果的に治療期間も短くなることがほとんどです。

  5. 歯並びにコンプレックスを抱える前に治療を終えられます

    歯並びにコンプレックスを抱える前に治療を終えられます

    早めに目立つ部分の歯並びを改善することにより、からかわれたり、いじめられたりすることを未然に防げます。また歯のコンプレックスを解消してあげることで、自信に満ちた健全な精神が発達する環境を整えてあげることができます。

小児矯正の費用

  • 自由診療となりますので保険診療外となり全額自己負担となります。
  • 分かりにくい費用体系を避けるために当院では小児期から成人期まで一括して請け負っています。その際に使用する器具すべての基本費用を含んだコストとしています。
  • 費用は症例によって異なります。
初診相談料

3,300円

精密検査・診断料

33,000円

矯正治療費用

660,000円

費用について

小児矯正の治療期間・治療の流れ

治療期間

小児期(約1年6ヶ月)
成人期(約1年6ヶ月)

治療の流れ

小児矯正装置についてabout

小児矯正では顎の成長を促したり抑制したりして、上下の顎のバランスを整える装置がメインで使われます。装置によってご自分で取り外しが出来るもの、病院にて取り外し調整するもの、矯正完了まで外せないものがあります。実際に使う装置の一部をご紹介しますので、ご参考になさってください。

  • F.K.O.(アクチバートル)

    F.K.O.(アクチバートル)

    上顎が出ている、下顎が出ている、噛み合わせが深いなど様々な症例で適応されます。筋肉のもつ力を装置を通して歯に伝えて、骨格のバランスを整える装置です。
    [取り外し可能]

  • リンガルアーチ

    リンガルアーチ

    歯の裏側に歯並びに沿ったワイヤーを装着し、前歯の辺りに小さなバネ(スプリング)をとりつけて歯を目的の方向に動かす装置です。
    [取り外し不可]

  • ヘッドギア

    ヘッドギア

    上顎の成長を抑制するためにご自身で寝る前に装着していただく装置で、噛み合わせの深いお子さんにはサービカルプルヘッドギア、開咬傾向のお子さんにはハイプルヘッドギア、と骨格タイプによって引っ張る方向が異なります。
    [取り外し可能]

  • 拡大床

    拡大床

    歯を動かしたり上顎を広げたりする装置で、上顎が小さい場合プラスチックとバネでできた床と呼ばれる部分と、真ん中にあるネジのパーツで構成されており、ネジを回してゆっくりと顎を拡げます。
    [取り外し可能]

  • クワドヘリックス

    クワドヘリックス

    歯並びの幅が狭い場合、ゆっくりと時間をかけて歯列の横幅を拡大させる装置です。来院時に外して調整を行いますが、ご自身では外せません。
    [取り外し不可]

小児矯正の治療の症例case