矯正にかかる費用 治療費 かきうち歯科

治療費

かきうち歯科医院では、追加費用がかからず、安心して治療を受けていただけるよう、配慮しています。

歯科矯正治療にかかる費用

かきうち歯科医院では、追加費用などが途中にかかったりすることがないよう、わかりやすい料金体系。歯科矯正にかかる費用を明確にし、ご利用していただきやすくしています。

金額は全て消費税別

初診相談料
初診相談料
3,000円

12歳以下のお子さま、小児は診療の際の相談料は不要です。

検査診断料
検査診断料
30,000円

成人矯正

ワイヤー矯正
表側(ワイヤー)矯正
550,000円~

総額でおよそ70万円です。

インビザライン矯正
インビザライン矯正
600,000円~

調整観察料 月1回のみ5,000円

総額でおよそ70万円です。

 
M.T.M.(部分矯正)
150,000円~

小児矯正

小児矯正
小児矯正
550,000円

オプション

セラミックブラケット InVu
セラミックブラケット InVu
1歯 3,000円
矯正用インプラント
矯正用インプラント
1本 25,000円

医療費控除制度について

日本矯正歯科学会認定医の診断書があれば、医療費控除の対象と認められます。
ご自身や同一生計にある家族にかかった医療費合計が対象となります。治療の負担を小さくできる場合もありますので、ぜひご活用ください。

医療費控除の手続きは、基本的に2月中旬から3月中旬に行われる確定申告の時期に行います。
治療を受けられるご本人様又は家計を共にする配偶者やご家族の方の為に、医療費をその年の1月1から12月31日までに10万円以上(所得額200万円未満であれば所得金額の5%)支払った場合には、一定の金額(最高で200万円)の所得控除を受けることができます。(保険金等で補てんされた金額は除く。)

控除される金額は以下の計算になります。

医療費控除額の計算式

(還付金 = 控除額 × 所得税率)

また、治療の為に通院に掛った交通費等も医療費控除の対象となります。
お子様の通院で付き添いが必要な場合は、付添い人の交通費も対象となります。
ですので、通院した日および通院に掛った費用は、記録し控えておいてください。
(ただし、自家用車で通院した際のガソリン代や駐車場代などは、医療費控除の対象外となります。)

尚、医療費控除を受けるには確定申告が必要となりますので、治療の際の領収書等は大切に保管しておいてください。

詳しくは国税庁の「No.1128 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例 」をご参照ください。

医療費控除額の計算例

医療費控除額の計算は、以下のように求められます。

医療費控除額の計算式

実際に計算してみると、例えば次のようになります。

課税所得金額が500万円の人の場合、扶養家族である奥さんの矯正治療費に、年間70万円かかったとすると

医療費控除額 = 70万円10万円60万円 × 税率30% = 18万円

つまり、矯正治療にかかった費用は、70万円 - 18万円 = 52万円で済んだことになります。

医療費控除の税率と医療費の軽減額

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費
50万円 70万円 90万円 110万円
~195万円以下 15% 60000 90000 120000 150000
195万円超~
330万円以下
20% 80000 120000 160000 200000
330万円超~
695万円以下
30% 120000 180000 240000 300000
695万円超~
900万円以下
33% 132000 198000 264000 330000
900万円超~
1800万円以下
43% 172000 258000 344000 430000
1800万円超~ 50% 200000 300000 400000 500000

数字は医療費軽減額(円)。

ネットからも簡単にご予約・お問合せをいただけます。(ご新規の場合にご利用ください)

ネット予約・お問合せ
ネット予約